世の中の動きに合った資格

介護福祉士について

介護の仕事をしている人の中には、ホームヘルパーとして働いている人も多くいます。ホームヘルパーは国家資格の介護福祉士と違って比較的取得しやすく、需要も高いのが現状です。仕事内容も、介護福祉士とほとんど変わりません。そのため、雇う側としても介護福祉士に高い賃金を払うより、安い賃金で済むホームヘルパーの方が良いと考える場合も多く、求職者もホームヘルパーの方が多いという現状もあるようです。
このような現状から、受験費用を払ってまで介護福祉士を取得する必要があるのかどうかを悩んでしまう人も多いのです。これらの問題に伴い現在、介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の検討がなされています。業界全体の賃金引き上げも求められていますが、実現するにはまだ少し時間がかかる模様です。そのため、介護福祉士の待遇改善にも時間がかかる見込みとなっています。
介護福祉士はそんなに魅力が薄いのかというとそうでもありません。実際に介護職の求人を見てみても資格手当として5千円から1万円、夜勤手当もホームヘルパーより3千円前後高く設定されている場合が多いです。介護福祉士の方を管理職に抜擢する事業者もあります。管理者になれば管理職手当も期待できる可能性があるので、給料としてはさらに差が出てくるでしょう。将来のことを考えた際でも介護福祉士としての経験を基にして、ケアマネージャーや社会福祉士へのスキルアップを目指す方もいます。介護福祉士取得者に対する求人の数も多いため、仕事も見つけやすいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です